お問合せ・資料請求

instagram

快適に住まう

『いつまでも愛着をもって暮らせる家を』

これからの住宅は、プランやデザイン、コストだけではなく、高断熱・高気密・耐久性・住んでからの快適性やエネルギー、メンテナンスコストなどライフサイクルコストも含めた提案が急務になってきているのが現状です。
飛夢房+北屋建設は完全自由設計であっても、断熱、気密、耐震、劣化対策など、あらゆる面から先端の技術をとりいれ高度な基準を目指します。

木造軸組工法

日本古来から伝わる伝統的な建築工法

飛夢房+北屋建設が建築する住宅は、9割以上が木造軸組工法の家です。
木に囲まれると、気持ちがほっとしたり安らいだりするという実感を多くの人が持っています。木には温度や湿度をほどよく保つ作用があり、木の家は、地球環境にも住む人にとってもやさしい建物で、地球温暖化の原因となるCO2 削減効果や省エネ効果など様々なメリットがあります。
北屋建設は、岡山の地域産材を使用し、より岡山の気候・風土にあった住まいをつくる「地域型住宅」に、積極的に継続して取り組んでいます。

北屋建設は、平成30 年度「県産材を使った快適木の家づくりサプライチェーンの活動支援事業」(岡山県補助事業)で、岡山県産材の利用促進に取り組んでいます。

BEシステム

効率的で経済的な全館暖房システム

BEシステムは、養蚕業を行っていた日本家屋の構造からヒントを得た全館暖房システムです。部屋ごとに暖房をかけるのではなく、住まいの基礎から温め、暖気を家中に循環させることで、効率良く心地良い空調効果を実現。家の中の温度差も少なく、ヒートショックなどの事故も防ぎます。

基礎蓄熱で家中快適 ふく射熱を家中に循環 高気密高断熱で保冷 冬暖かく夏涼しい一台二役の室外機 耐久性の高い蓄熱回路 未来へつながる可能性 シロアリ対策も万全 BEシステム説明動画
もっと詳しく見る

長期優良住宅

世代を超えて利用できる住まいづくり

日本の住宅の寿命は30年と言われています。イギリスの77年、アメリカの55年に比べると短くなっています。これからは、これまでの作っては壊す成長型社会から、利用価値がある住宅を長く使っていくことが求められる方向へ変化していきます。長持ちさせる住宅は世代を超えて利用でき、資産として捉えることが可能。1世代あたりの住居費の負担は軽減されます。
さらに、岡山の地域産材を使用し、より岡山の気候・風土にあった住まいをつくる「地域型住宅」にも、積極的に取り組んでいます。
高気密高断熱仕様 優れた耐震性 住宅の履歴書の作成 内装・設備の清掃・点検等が容易 劣化対策(耐久性) 地域資源の活用 地域の気候・風土に合った住まいづくり 住宅の資産価値を確保
飛夢房+北屋建設は全棟長期優良住宅を目指しています

ゼロエネルギーハウス

環境への影響を抑えた住まい

国は「2020年までにゼロエネルギーハウスを標準的な住宅にする」と目標に掲げています。
つまり住宅を取得するならゼロエネルギーハウスが当たり前の時代になってきます。
ゼロエネルギーハウスとは、使うエネルギーをゼロにする住宅ではなく、家庭で使う電気やガスのエネルギーを家庭の太陽光発電システムなどでつくるエネルギーで賄う住宅のことをいいます。
『断熱性能や気密性能を向上させた家』+『高効率な住宅設備』+『創エネ設備』がゼロエネルギーハウスといえます。
気密断熱性能を向上させた家 効率的な住宅設備 太陽光発電などの創エネ設備
光熱費がかからない 夏涼しく冬暖かい快適な家 CO2削減 ZEH ビルダー

保険の見直し

平成30年7月豪雨をはじめ、近年ゲリラ豪雨や台風などが全国各地で発生し、床上・床下浸水の被害も増えてきています。
ハザードマップなどから、住環境のリスクをしっかり把握し、水害の危険性がある地域なら、この機会に水災補償をつける等の保険の見直しを検討されてはいかがでしょうか?

火災保険の主な補償内容

北屋建設では保険のご相談にも対応させて頂きます。

防蟻処理

防蟻処理は見えにくい場所だけに定期的なメンテナンスが必要で、 目安は10 年毎です(保証自体は5 年間が一般的です)。
しかし、大雨などで床下・床上浸水した場合にはその保証も効かなくなり、再施工が必要となります。「気が付いた時には手遅れ」というのがシロアリ被害なので、日頃からの点検・メンテナンスが重要です。

白アリチェック

北屋建設では防蟻のご相談にも対応させて頂きます。